大量作成するならチラシ印刷|コストも安く依頼から完成までスムーズ

カラーチャート

圧着式の郵便物を作る

ハガキ

業者を使ったハガキの作成

圧着ハガキを作る際は、まずどんな仕様にするか考えましょう。ひとくちに圧着ハガキといっても、いろいろな折り方があります。この折り方ひとつで、用意する原稿の数も違えばそれにかかるコストもまったく違うものになるはずです。コストや手間を最小限にするためにも、きちんと計画を立ててから原稿作りをはじめましょう。計画をしっかり立てたら、それに沿った原稿作りをはじめます。圧着ハガキは二つ折りや三つ折りのため、その形状と枚数に合わせた原稿を作りましょう。この際原稿はアナログからデータ化するか、最初からすべてデータで作成するのがお勧めです。これならインターネットの印刷所を使えますし、送る時に原稿を紛失することもありません。原稿が出来たら、利用する印刷所の指定する保存形式と解像度か確認しておきます。それで問題なければ、原稿の見本を作り発注書と共に印刷所に渡すことになります。この時もし郵送や宅配を使うなら、原稿をCD−Rに焼き込んでから印刷所に発送するようにしましょう。ただし、オンライン入稿の場合はその必要はありません。オンライン入稿の場合は各印刷所にやり方の手順が載っていますので、それに従って手続きします。またこれ以外にも店舗がある印刷所なら、直接印刷所に持ち込んで入稿してももちろんかまいません。あとは圧着ハガキの校正をして、乱丁や落丁がみつからなければそのまま印刷に入ります。その後、納品された物を検品して特に異常がないようならそれで完成です。